HOME > 食品用素材・その他

食品用素材・その他(魚醤,ヒスタミン,食品添加物)

低酢酸・低ヒスタミン 魚醤

フィッシュソースVP-K FSSC22000

魚醤は醤油系の調味料の一種で、魚介類を原料とした発酵調味料です。
ヤヱガキの魚醤は原料に本場ベトナムの新鮮なアンチョビを使用しており、
ベトナムでじっくり熟成させた製品です。
天然の旨味を豊富に含んでおり、食品の味を引き立てる[隠し味]として、
あらゆる料理や加工食品にご利用頂けます。
製品特徴
  • ○浸透力がある
  • ○マスキング効果がある
  • ○味の幅の広がりが優れている
  • ○アレルゲン表示不要(魚種選別)
  • 低酢酸タイプ
  • 低ヒスタミンタイプ
  • ○化学調味料不使用

フィッシュソースVP-Kの遊離アミノ酸組成表

グルタミン酸とアスパラギン酸などの旨味成分が豊富
  • ヒスタミン含量比較データー
    ヒスタミン含量比較データー

  • 酢酸含量比較データー
    酢酸含量比較データー

  • 項目 規格値
    pH 5.5±1.0
    塩分 20±2%(W/W)
    比重 1.18±0.05
    ヒスタミン 20mg/100g以下
    一般生菌数 1,000個/g以下
    カビ・酵母数 100個/g以下
    食品への表示例:魚醤
使用用途例 添加量
炊き込みご飯、炒飯、雑炊、肉じゃが、総菜など 1.0〜3.0% (対調味液)
水練り製品(揚げ蒲鉾、竹輪など) 1.0〜2.0% (対すり身)
餃子の具材、揚げ春巻き、スナック菓子、コロッケなど 1.0〜4.0% (対製品)
フライドチキン、明太子、キムチの素、味醂干し、漬物など 2.0〜6.0% (対調味液)

フィッシュソースVP-Kは、弊社管理体制下で新鮮なアンチョビを原料とし、ベトナムでじっくり熟成させた魚醤です。

品質的にも”低ヒスタミン”、”低酢酸”、”アレルゲン表示不要”と優れており、化学調味料も一切使用しておりません。

又魚臭を抑えているため、食品本来の風味を損なうことなく、幅広い食品の旨味を向上させることが出来ます。

フィッシュソースVP-KはFSSC22000の認証を取得した工場で製造しており、安心して使用して頂ける魚醤になっております。

食品添加物 食品用エタノール製剤 バクトパスシリーズ

食品の日持ちを良くし且つその品質を保持させることは、食品加工上の重要な問題となっています。
近年、食品工場の衛生管理及び食品の保存対策についてはアルコールの使用が一般化し広範囲の分野に定着しております。
弊社のバクトパスシリーズは、エチルアルコールを主成分とした製剤で、食品中の微生物の増殖抑制と機械・器具類の殺菌に優れた効果がありますので、食品と製造環境の微生物管理にお役立て下さい。
レギュラー製品ラインナップ
< 使用方法 >
■練り込み、混合…各製剤を食品原料、調味液、タレ等に1~4%添加して下さい。
■噴霧、塗布…各製剤を食品の表面や機械・器具類に直接噴霧又は塗布して下さい。
■浸漬…各製剤の原液に30~60秒間(5倍希釈の場合は10分以上)浸漬させて下さい。
< 使用上の注意 >
○原液又は希釈液を取り扱う時は、ゴム手袋等の保護具をつけて下さい。
○次の場合にはおのおの応急処置をとり、直ちに医師に相談して下さい。
 ・眼に入った場合は、直ちに清浄な水で15分以上洗って下さい。
 ・誤飲した場合は多量の水を飲ませて吐かせて下さい。
○バクトパスG、バクトパスE2、バクトパスBは消防法に定める危険物の第四類アルコール類水溶性危険等級Ⅱに該当しますので、火気厳禁を守ると共に取り扱いにご注意願います。尚、バクトパスA、バクトパスS、バクトパスFCスーパーは危険物には該当しませんが、エタノールを含有していますので、火気の付近では使用しないで下さい。
< 外装・包装 >
  • バクトパスG
    バクトパスG
    液15kg
    (一斗缶入り)
  • バクトパスE
    バクトパスE
    液15kg
    (一斗缶入り)
  • バクトパスB
    バクトパスB
    液15kg
    (一斗缶入り)
  • バクトパスS
    バクトパスS
    液15kg
    (キュービーテナ入り)
  • バクトパスFCスーパー
    バクトパスFCスーパー
    液15kg
    (キュービーテナ入り)
  • バクトパスA
    バクトパスA
    液16kg
    (キュービーテナ入り)
品質保証期間 : 製造日より1年(未開封)
食品への表示例: エタノール、アルコール、酒精
  • 製品情報
  • 機能性素材
  • 食品用色素
  • 食品用素材・その他
ピックアップ
  • 製品情報
  • 品質管理と環境への取り組み
  • 研究室の紹介
ページトップへ